公認会計士の勉強のコツって、どんなものがあるのか、大きく3つにまとめてみました。 ・専門学校に通う ・評判のいい参考書で勉強する ・とにかく簿記を勉強する 公認会計士(会計系資格の最高峰とされる国家資格で、公認会計士試験は超難関試験として知られています)の勉強のコツは、これらの3つになります。 公認会計士(監査証明業務、コンサルティング業務、税務業務、会計参与といった業務を行うことが可能です)の国家試験(法律に基づいて行う国家資格を取得するための試験をいいます)は、独学ではなかなか合格することができません。 独学(最も費用の掛からない方法ですが、強い意思が必要とされます)では無理だと言われているほどです。 ですので、専門学校に通って勉強するのが一番いい方法でしょう。 次に、参考書(実際に目で見て自分にとってわかりやすいものを選ぶ事が大切です)についてですが、公認会計士(監査証明業務、コンサルティング業務、税務業務、会計参与といった業務を行うことが可能です)の参考書は色々販売されています。 時間がある時に、評判のいい参考書(口コミなどで評判のよいものの中から、実際に自分の目で確かめて、相性のいいものを選ぶといいですね)を見ることで、結構頭に入っていくはずです。 最後に、とにかく簿記を勉強するについてなのですが、公認会計士の勉強は簿記が可能でなければならないので、まずは簿記の勉強から取り掛かりましょう。 仕事で専門学校(○○専門学校という学校名ではない専門学校がある反面、まぎらわしい学校名の無認可校もあります。無認可校を卒業しても学歴にはなりませんので、注意が必要でしょう)に通えない、公認会計士(監査証明業務、コンサルティング業務、税務業務、会計参与といった業務を行うことが可能です)の国家試験を受けようか悩んでいる、そういう人は、まず簿記から勉強してください。 簿記は公認会計士試験の合否を左右するほど大切な科目なので、早めから勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)にして下さいねー